GMOコイン 口座開設方法

 

 

GMOコインの公式サイトはこちら

 手順1 メールアドレスを登録する

まずGMOコインのホーム画面に表示されている「口座開設はこちら」のボタンをクリックします。

パソコンの方は右上にも口座開設のボタンがありますし、スマートフォンの方は左上の「≡」を押しても口座開設のボタンが表示されます。

すると口座開設のページに移動しますのでメールアドレスを入力します。

 

そして「私はロボットではありません」にチェックをして、「無料口座開設」のボタンをクリックします。

「無料口座開設」のボタンを押すと、入力したメールアドレスに「パスワード設定」のメールが届きます。

メールはすぐに届くことが多いので、続けて登録をしてしまいましょう。

手順2 パスワードを登録する

次に、届いたメールに表示されているURLをクリックします。

ここで注意点なのですがリンクの有効期限は1週間です!期限が切れる前に必ず登録を済ませましょう!

URLを押すと下記の画面が表示されます。

パスワードの設定と二段階認証をすると、パスワードの設定が完了します。

手順3 電話番号の登録をする

次に電話番号を登録します。

固定電話番号でも携帯電話番号でもどちらからでも登録できます。

手順5ではの口座開設時に、二段階認証が必要なので、GMOコイン公式では携帯電話番号が推奨されています。

固定電話番号の場合は音声、携帯電話番号の場合はSMSでコードが案内されます。

コードを入力し、送信します。

これで、電話番号登録と二段階認証コードが登録できます。

二段階認証コードは登録することによって口座の安全性を高める効果があります。

二段階認証は電話番号の他にも「Google Authenticator」を用いた方法もあります。

手順4 本人確認書類を提出する

ログインすると、下記のようなメッセージが表示されるため、「口座開設」をクリックしましょう。

次に個人情報の登録を行ってください。

後に提出する本人確認書類と内容が食い違っていないか確認が取られるので、入力した内容が間違っていないかしっかり確認する必要があります。

全て入力して、間違いが無ければ「確認画面へ」を押します。

基本情報を登録すると、本人確認方法の画面が表示されます。

本人確認書類として使用できるのは、下記のものです。

  • 運転免許証
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • パスポート(日本国が発行する旅券)
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 住民票の写し
  • 各種健康保険証

1つ目の方法はパスポートや運転免許証などの本人確認書類の画像をアップロードする方法です。

2つ目の方法はGMOコインから登録した住所に届く郵便を受け取る際に本人確認を行う方法です。

2つ目の方法は郵便を本人が確実に受け取らなければならないので、基本的には画像をアップロードする1つ目の方法をオススメします。

※ただし画像で提出する場合、画像が不鮮明だと再提出を求められることもあるので、気をつけましょう。

手順5 口座開設コードを入力する

後日「口座開設のお知らせ」が登録した住所宛に届いたら、記載されている口座開設コードをログイン後の画面に入力します。

「口座開設」をクリックすると、口座開設が完了します。

 

GMOコインの口座開設は3日ほどで完了

 

口座を開設するには本人確認書類を提出して、審査を待つ必要があります。

ここではGMOコインの審査の厳しさや口座開設までにかかる時間を解説したいと思います。

GMOコインの口座開設は約3日で完了

 

GMOコイン公式では審査の後、口座開設書類の送付に1~2日要するとしています。

つまり、登録の手続きを始めてから約3日で口座が開設出来るということです!

一時期GMOコインは審査に時間がかかると噂されていた時もありました。

しかし、それは口座の開設が非常に混み合っていた時期だったことが大きな原因とも考えられます。

現在では、3日とスムーズに登録・口座開設ができます。

 

 

GMOコインの公式サイトはこちら